知っておきたい永代供養のこと

永代供養の情報が満載!

このサイトでは永代供養を検討するとき、思い浮かびそうな疑問についての答えを紹介していきます。
例えば依頼した後の墓の管理のことは本当に不要なのか、ということや契約をする時の流れはどういうふうになっているのか、費用は経費になるのか、どういう仕組になっているのか、手続きをするときのポイントなどです。
いずれも、正式に契約をする前に確認しておなければ、あとで困ることになるかもしれません。
ここで正しい知識を学んでおきましょう。

永代供養を依頼すれば墓の管理は不要?

永代供養を依頼すれば墓の管理は不要? 永代供養は、その言葉から永久にお寺や霊園がお墓の管理をしてくれるというイメージがあります。
では、遺された家族やその子孫は何もしなくてもいいのか、というと基本的には費用を支払えば管理する必要はありません。
ただし、永代供養だからといて、個人の墓のままで永久に供養をしてくれるということでもありません。
ほとんどのお寺や霊園では、最初に決めた年数は個別に管理するのですが、期間がすぎれば他の方の遺骨と合祀されて一緒のお墓で供養されるようになります。
合祀される期限は、多いのが33年で、他には10年、長くても50年となっています。
お骨をまとめられてしまうことが嫌だというならば永代供養は避けたほうがいいですが、家族に面倒をかけたくない、身寄りがないというのであれば合祀さされるとしても依頼しておくほうがいいです。

永代供養に更新制度をとっている所もあります

永代供養に更新制度をとっている所もあります 永代供養とは、寺院や霊園が遺骨を預かり、供養や管理を行う供養方法です。
文字通りずっと供養をしてもらえるので安心だと思われて、永代供養を検討される方も多くなっています。
特に家族も遠方に住んでいるなどの理由から、お墓を管理する人がいない場合や、ご先祖様のお墓に入るのをためらわれる方が利用されるケースも多いと言えます。
基本的に永代供養に申し込みをした場合、申し込みと同時に費用を払う必要があります。
そのため、以後の管理費やお布施などを払う必要が無いのが一般的です。
しかし場所によっては更新制度をとられている所もあり、その場合は個別の永代供養墓を利用されるケースがほとんどだと言えるでしょう。
更新制度をとられている場合、たいてい10年から30年ごとに手続きをする仕組みをとられている場所が多いと言えます。
そして個別の墓を利用することもあり、年間いくらかの管理費を支払う必要があります。
もちろん手続きを行えば、将来的にも承継することが出来ますが、手続きの費用も新たに発生することになります。
もし手続きをされなかった場合は、他の方の遺骨と同じ場所に埋葬して、合同で供養出来るようなお墓に移されることにはなりますが、放置をされるといったことにはなりませんので安心して下さい。

永代供養関連情報

新宿で永代供養をするなら