知っておきたい永代供養のこと

永代供養の情報が満載!

永代供養の費用の相場

永代供養の費用の相場 子供がいなかったり独身であったり、理由は人により様々ながら自身の死後お墓を手入れし守る事が困難な方等に対しお寺及び霊園が親族に代わり故人を供養・お骨や墓の管理を行ってくれる永代供養の相場は、現在10万円から100万円までかなり金額に幅があります。
この永代供養とは別途墓石代金等が必要な場合も多々あり、2017年に実施されたお墓の消費者全国実態調査では永代使用料と墓石に諸工事等合わせた全国平均額は92.1万円です。個別墓タイプよりも集合タイプや合祀タイプ墓の方が一般的には費用を抑えることができるとされるものです。
法要等追加費用についてそれぞれお寺や霊園が定めた料金形態をしっかりと事前確認し、自身が元気なうちに永代供養に必要な予算や供養の希望に合ったお墓を探す事が大切になります。
インターネット上の各webサイトにおいても、人気霊園ランキングが公開されこれらの情報も参考にしながら実際にお寺や霊園に出向いてみるというのも重要です。

永代供養の支払いにかかる費用の種類と目安

永代供養の支払いにかかる費用の種類と目安 永代供養には、多種多様なプランがありますが、主に合祀専用のお墓と永代供養がセットプランになっているお墓の2種類があり、それぞれ価格が異なります。
合祀専用の場合は、立地やつくりにより変動はありますが、10万円から30万円程度の支払いが必要になります。セットプランになっているお墓は使用期限が設けられており、契約期間中は一般的なお墓と同じように手厚く供養が可能です。
使用期限が過ぎると合祀され寺や寺院で供養を引き継ぐことになるため、30万円から200万円程度の支払いが必要です。
ただし、墓の種類によっても金額は変動するため、骨壺が入る程度の納骨堂であれば数十万円程度で利用することができますが、一般的なお墓と同じような墓石タイプでは、金額が上がっていきます。
さらに、17回忌までや33回忌までなど個別埋葬される期間や墓石の大きさ、立地、地価などにより価格が左右されます。埋葬する人数分だけ利用料金が必要になります。