知っておきたい永代供養のこと

永代供養の情報が満載!

内容には法要などが含まれる

内容には法要などが含まれる 永代供養とは少子高齢化などで墓を守る子孫がいない人が、生前に寺院などで死後の自分の法要を契約する新しい形の供養方法です。
以前は新しい公共霊園や、新興の自然葬儀企業などが中心に行ってきましたが、近年では由緒ある寺院でも永代供養塔などを建立して供養を受け付けています。永代とは言ってもその内容は本当に永遠に供養をするわけではなく、三十三回忌か五十回忌くらいまでの法要を行い、その後は合同墓地などに埋葬されるのが通常です。
生前の宗教や宗派に関係なく受け入れているため、合同墓地には宗教的シンボルは置かず、桜やハナミズキなどのシンボルツリーと呼ばれる樹木と、季節の花々が植えられています。合同墓地には誰かしらがお参りに来るため、花と人があふれているため死後もひとりぼっちにならなくて済むことが、永代供養が人気のある理由です。核家族化や墓地の高騰化などによる影響で、今後永代供養の需要は益々伸びると見込まれています。

永代供養の利点は絶大

永代供養の利点は絶大 終活という言葉が流行していて誰でもが何かしらを残しておかねばという流れになっていますが、人生の一番最後に残るものといえば自分のお骨です。
人によって宗教観も多様ではありますが、大部分の人は自然と死んだらお墓に入って供養してもらう事を考えているでしょう。そうした際にふと思うのが、自分の魂は今後誰が供養してくれるのだろうかという問題です。これまでは残された子供たちやその子孫がお墓の面倒を連綿と継いでいくというのが普通でしたが、核家族化が急速に進んだ現代では、子供がいないという方も多いですし仮にいたとしても遠くに行ってしまって帰ってこないという場合も多々あります。つまりは家族による供養はこれからは期待できないとなると、頼れるのは永代供養という制度です。永代供養の利点は、ご自身が亡くなって後にお墓の世話をするご家族がいなかったとしても、お寺さんがご供養を未来永劫行ってくれるという点です。これならば、子孫の心配をしなくて済むので安心です。