知っておきたい永代供養のこと

永代供養の情報が満載!

手続きのポイント

手続きのポイント 「永代供養」とは霊園や寺院に供養を一任し、永代に渡って供養をとりおこなってもらうことを指します。将来的にお墓を継ぐ者がいない人や、故郷への帰省が困難になった人々に人気がでています。そんな永代供養を受けるために必要な手続きについて説明していきます。
まず改葬して永代供養する場合には「改葬許可証」という書類が必要です。これは今遺骨のある市区町村から交付してもらえます。それとお墓を処分するために「閉眼法要」が必要になりますので、菩提寺やお墓のあるお寺に依頼します。そしてお墓のあった土地を更地にしなければなりませんので、この作業をおこなってくれる石材店を探して依頼しましょう。また生前に永代供養を申し込む場合は、まず生前予約ができるお寺を探すことから始めます。自分のお墓を自分で決められ、後世にお墓の心配を残さないというメリットを持つ生前予約は年々増えています。契約・支払いが済んだら必ず家族にそのことを伝え、契約書の控え等を家族に分かるように保管しておきましょう。

家族で運営したり管理しなくてもよい

家族で運営したり管理しなくてもよい 永代供養は、所属している宗派のお寺などに相談することで、納骨堂で故人の魂を管理してもらうことを意味します。
本来、故人の遺骨や魂のあり方は別途お墓を作って、それぞれの宗派の規律に従って家族が管理することが求められます。この点、永代供養をしてもらうと自分たちでお墓の管理などをしなくてもよくなりますので、安心して任せることができるます。
納骨管理に関しても、そのお寺などが行なってくれますので家族の方はいつでも自由に納骨堂に参拝に行くことができるようになります。納骨をした家族に対しては、専用のカードなどが与えられて割り当てられた部屋にいつでも入所することができるように工夫がされています。室内で管理されていることが普通であるため、一般的なお寺などの厳格な空間ではなく、入りやすい施設のようなところで参拝ができます。そのため、運営に関しても家族の方が心配しなくても将来的にも安心して参拝を続けることが可能です。