知っておきたい永代供養のこと

永代供養の情報が満載!

永代供養契約の流れ

永代供養契約の流れ 場所によって永代供養の契約の流れは若干変わってきますが、一般的な流れは次のようになります。
まずは納骨堂を見学して気に入るかどうかを判断するところから始めます。
その後に永代供養に関する個人相談を受けます。
ここまで終わったら、納得した上で契約の申し込みをすることになります。
もし仮に申し込みをする場合には、後日出向いて必要書類に記入及び捺印します。
その際に必要な書類もありますので、合わせて提出することになります。
ここまでの手続きが終了すれば、永代供養料を入金します。
そして、入金確認が取れたら申し込みは完了です。
それから納骨作業に移ります。
なお納骨の際には、納骨法要が必要となります。
この納骨には場所によってかかる手続は異なりますが、だいたい2週間をみておくと良いです。
つまり納骨法要はすぐにはできないので、余裕を持って予約する必要があります。
納骨法要の当日は、法要を営んでから持参した骨壷から専用の納骨壺に移し替えます。
以上がだいたいの流れになります。

永代供養を考えているのなら支払い方法もチェックしよう!

永代供養を考えているのなら支払い方法もチェックしよう! 少子化に伴い、お墓に対する考え方が変わってきた昨今では、納骨堂等で永代供養を希望する家庭も増えてきました。
特に終活という意識が世間で広まっている最近では、生前から自分が入る納骨堂の予約を考える人も決して少なくはありません。
しかし、永代供養というのは、初期費用だけでなく管理費がかかるものなので、慎重に検討することをおすすめします。
遺された子供に迷惑をかけたくないという考え方から、永代使用料を生前のうちに一括払いで支払ってしまうk人もたくさんいますが、都会の納骨堂は使用料が高いので、分割払いを適用しているというところもあります。
分割払いを希望する際には使用料は毎年支払うことになりますが、その場合は誰が支払いをするかということをきちんと決めておく必要があります。
その他にもお布施等が発生するので、永代供養を希望しているのなら、家族で話し合い後々のことも考え、比較検討をしっかりしてから決めると良いのではないでしょうか。