知っておきたい永代供養のこと

永代供養の情報が満載!

永代供養にかかったお金は経費で落とせる?

永代供養にかかったお金は経費で落とせる? 永代供養は、寺院や霊園が管理や供養をしてくれる埋葬方法で何らかの事情が合ってお墓参りに行けなかったり行くことが出来ないことが予測される家族の間で人気の方法です。
永代供養をするのにかかった料金は経費で落とすことが出来るかについては、供養そのものは経費とはなりません。
しかし、会社で建てるお墓や社葬の式典にかかる費用などは落とすことが出来るケースもあります。
式にかかるすべての費用を落とせるという事ではなく、香典返しや戒名などは自費となりますので注意が必要です。
社葬とは、会社に対する貢献度が高く必要と認められた場合に行われますが、会場使用料や祭壇などの費用は会社の費用として計上することが出来ます。
永代供養は、社費として落としたいというのであればそれは会社でお墓を作る場合であり、個人の場合は自費での負担となります。
これは、密葬などで会社経営者が葬られる際も同じことで、個人で管理するお墓の場合はおとすことができません。

永代供養はお金がかからないって本当なの?

永代供養はお金がかからないって本当なの? 永代供養とは、ご遺骨を寺院や霊園が無期限で供養を続けてくれることをさします。
本来であれば遺族やその子孫が供養を続けていくものですが、身寄りが無い方であったり、途中で供養を続けられる子孫がいなくなってしまうこともあります。
また、通常のお墓を建てることは思った以上に費用がかかるもので、維持費も決して安くはありません。
以上のような理由から、永代供養を利用する人は増えているのが実情です。
とは言え、永代供養といってもお金がかからないわけではありません。
複数の人たちで一つのお墓を共同使用する場合は、比較的安めの10~30万円程度の価格で依頼することができます。
しかしお墓を共同使用するのではなく個人のスペースを用意し、それに対しての永代供養を行うとなると必要な金額も違ってきます。
最低でも50万円からの価格が一般的であり、建てるお墓の使用やスペースの規模によっては更に価格が高くなります。
どのようなお墓を利用するのかが大きな分かれ目です。