知っておきたい永代供養のこと

永代供養の情報が満載!

永代供養の仕組み

永代供養の仕組み 「永代供養」とはお墓を守り引き継ぐ人がいない場合などに、家族に代わって供養・管理してもらえるお墓のことをいいます。合祀墓・合同墓・合葬墓などとも呼ばれます。この供養を受ける為には最低限「永代供養料」「お布施」「刻字料」の3つの費用を支払う必要があります。これらの費用を受け取った霊園や寺院が家族に代わりお墓を供養してくれる仕組みになっています。永代供養墓ではお彼岸・お盆などのタイミングで僧侶が供養をおこなってくれます。

毎月1回、毎年1回など回数やタイミングについては各霊園・寺院により多少異なります。費用は一般的に10万円から50万円となっている事が多く、供養墓については基本的に管理者が維持管理してくれます。そしてお骨はいずれ土に還されますので、基本的にお墓参りの必要はありません。またお墓を購入した場合は、お墓が存在する限り管理料を支払わなければなりませんが、永代供養墓の場合は維持管理の必要がないためそういった費用は発生しません。

4つのシステムを精査して永代供養を利用しよう

4つのシステムを精査して永代供養を利用しよう 永代供養は、家族の要望に従って主に4つのシステムを主軸に提供されています。まず、他の人と一緒に遺骨を納めることができる合祀墓と呼ばれる方法です。次に、一般的な方法として認識され始めている納骨堂です。納骨堂に関しては、屋内施設で参拝がしやすいという影響もあって人気を集めています。さらに、知人や仲間と一緒に納骨してもらう共同墓があります。最後に提供されているのが、ごく一般的な暮石を利用した永代供養です。お墓を作ってそこで供養してもらって、家族で管理を行っていくことになります。

近年は、弔い方の多様化が進んできている影響もあって、従来型の永代供養だけではなく亡くなった人の遺志を尊重する形で納骨をする機会が増えています。納骨堂や共同墓は典型ですが、自分一人でお墓に入らなくても他の人達と一緒に入れば一緒に管理してもらえるというメリットがあります。費用さえ支払えば管理そのものは簡単であるため、現代型の永代供養として注目を集めています。